世の中から悪人がいなくなれば、人類は滅んでしまうという問題。

遠い未来の話です。

人類は世界的な食糧難に見舞われます。

全ての人間には平等、愛、正義という素晴らしい概念があります。

争うのは良くないので、みんなでわずかな食料を分け合うことにします。

極端な例ですが、1日に3個の固形栄養食を、10人の人間で分け合う過酷な生活が始まるとします。

愛と優しさを持ち寄って、空腹を耐え忍ぶんです。

どれくらい、私たちは生き延びられるでしょうか。

あっという間に、全員そろって飢え死にしそうです。

だけど、もし、この10人の中に1人でも、愛のない個体がいて、

「他の9人を殺せば、栄養食を1日3個、食べられるじゃあないか」

と思考し、その通りに行動したなら。

ちょっとだけ、そいつは他の個体より長生きしそうな気がするんです。

そしてその個体こそが、人類の遺伝子を1日でも先の未来へ残せる可能性なんだと思うんです。

現代社会に当てはめれば9人を殺した1人は身の毛もよだつ犯罪者だけど。

人類にはどうしても1~2%ほど、そういう人間がいて、彼らは生存戦略的に必要な多様性の一つなんだと思うんです。

善とか、悪とか、そういう話じゃないんです。

なんというか、サイコパスでなくとも、人には悪いスイッチみたいなのがあると思うんです。

おなかが空くとイライラする。

寝不足になるとイライラする。

不安になるとイライラする。

とか、体が危機を感じて、その悪いスイッチをONにして、危機を排除しようとする本能のようなもので、

そのイライラがあるからこそ、人は生き延びてきたんだと思うんです。

おなかが空いてイライラさせれば、攻撃的になって、食糧確保に見境がなくなり、生き残る率が上がったとか、

寝不足や不安も、攻撃性を増して外敵の排除に務めさせて、周囲の安全を確保して休息を取らせようとか。

上記の10人の食糧問題も、イライラさせることによって、食料を奪いやすく、争いを起こしやすくして、

より強い個体が生き延びれるような、そういう競争を起こすことができると思うんです。

誰もが、そういうスイッチを持っているんじゃないかな、と思うんです。

つまり、環境さえ整えば、人は優しくもなれるし、残虐にもなれる、そういうスイッチがあると思うんです。

あなたは、「自分はまさか、人を殺したりしない」と思います?

 

 

ある男が子どもを虐待死させるんです。

その男は自分の子どもを殴って殺した。

何故そんなことを?

「目が合った。その目つきが気に食わなかった」

この男はつまり、「目が合うと人を殴る」という特質を得ていたようですが、どういう環境を用意すれば、その特質を別個体に再現させることができるでしょうか?

「目が合うと人を殴る」は言い換えれば、「目が合うとストレスを感じ、そのストレスを排除するべく反応する」です。

人間はストレスを与えられた際に、排除できる場合は「怒り」を感じて攻撃行動に、排除できない場合は「恐怖」を感じて距離を取るべく逃走を選択するとして、

後はじゃあ、目が合ったときにストレスを感じるよう学習させればいいんです。

どんな環境において、どんな学習が必要でしょうか。

人と目が合うと電気ショックを与えられるとか、目が合うと食料を取り上げられるとか、マウスのような実験的環境ではなく、

現実的に何か、人間の生活する環境下でこの個体は、目が合うことと同時に、ストレスを与えられてきたはずなんです。

 

簡単に思いつくのは、まぁ、目を見ながら、殴れば良いと思うんです。

パブロフの犬はエサを与えられる前に鈴の音を聞かされていて、やがて鈴の音とヨダレの分泌が条件付けられたように、

目を見ながら子どもを殴れば、やがて目が合うだけでストレスを感じて身構えるようになる。

虐待が世代間で引き継がれるのは有名な話なんですが、この男は自分の子どもにしでかしたことと、似たような目に遭ってきたのでしょう。

この場合、個体そのものは特別でもなんでもなくどこにでもいる人間で、環境がちょっと特殊だったと思うんです。

親、時代、土地、遺伝的要因などの環境を生まれてくる子どもが選択できるかは、

「サイコロで1を出したやつは死刑なので1を出さないように気をつけてください」くらい無茶な注文です。

あなたが同じ環境に置かれたとして、あなたはその環境下で適応せずにいられるでしょうか。

ほぼ毎日、何かの理由を付けて親に殴られて、「人は目が合うと殴ってくる」と学習したなら、

外ではまるで目を合わせない怯えた子どもになるだろうとして、

友だちもできず、ひたすら誰に対しても怯えて攻撃的になるか、逃走する毎日か、

やがてその環境下で尚死ぬことなく正しく適応して生き延びて大人になったあなたは、

だが、鈴の音を聞いてヨダレを垂らす犬の如く、目が合った子どもを反射的に殴ってしまう。

「目が合った。ストレスを感じた。そのストレスは排除できる弱者であった。だから、殴った。子どもは死んだ」

ニュースは駆け巡り、あなたの首にはロープがかかる。

――なんて悪いヤツだ! 人でなしめ! 死刑でよい!

あなたは罵声を浴びせられる。

あなたの人生は終わるが、振り返ってみて、幸せだったろうか?

あなたの人生のどこに努力によって覆せる要素があっただろうか、という問題なんです。

家庭環境がたまたま劣悪で、そこに適応したせいで、社会に出て適応できずに排除されるんです。

サイコロで1を出したから、死刑でもいいわけです。

まぁ、実際はあなたもぼくも、サイコロで1は出さなかったようだ。

運が良かった。

ただ、事実、サイコロで1を出した子どもは今も現実にいると思うんです。

かつてサイコロで1を出した子が親になって、サイコロで1を出した子を現在、虐待しているんです。

その子は今もその環境に順調に適応して、友だちもできず、家に帰っても安全はなく、学校にも安全はなく、

ただひたすらに反社会的な学習をして、10年後、陰惨な殺人事件を起こすんです。

そして、ぼくたちはその子どもを殺すんです。

 

人間は社会性があるとして、その社会性を誰から学ぶかといえば、大体は、最初に親となる存在から学ぶんです。

親に食料を与えられ、安全を与えられ、愛情を注がれ、

誰かに奪われる恐れもなく、誰かから奪う必要も無いと学習するんです。

ところが、親が食べ物を与えず、泣いても相手せず、子どもを虐待すると、

「常に危機がある。攻撃性を高めよう。そうして自らを脅かす敵を排除させて、安全を確保する。

敵か味方かを一々吟味してる内に殺されるぞ。全て敵だと思い、排除か逃走に務めよう。

この危機的環境下での遺伝子の断絶を防ぐため、性欲を強めて強引にでも繁殖活動をさせよう。

多数の次世代個体に遺伝子を乗せ替えるのだ。一個体を集中的に保護する戦略ではなく、多数個体にリスクを分散させよう」

と生き残るためのスイッチが入るんじゃあと想像するんです。

暴力的で性欲が強い、絵に描いたような無責任な悪人になると思います。

でも、そっちの方が、動物的に正しいと思うんです。

 

犯罪者は可哀想って話じゃないんです。

別に厳罰化して死刑ビシバシしてもいいと思います。

それはだって、生存競争の一種だと思うんです。

テリトリーに侵入してきた別個体にストレスを感じて攻撃するのをおかしいとは思わない。

群れをおびやかす個体を見て、排除しようとする動きが起こるのをおかしいとは思わない。

ただ、決してぼくたちは正義のために殺しているのだとは思わない。

様々な環境に適応してきた個体同士がどうしようもなく殺し合ってるんだと思うんです。

この世には正義も悪もなく、ただ置かれた環境に適応してきた個体がいるだけなんです。

自分と意見が合わない、おおよそ理解できない行動をする人も、

きっとその人の生きてきた環境、親や、思想、経済状況、遺伝子、時代、色んな要素に適応しながら、

生きていく上で都合の良い物を選択して、

現在の自分として行動しているんだろうなって話です。

飼い猫が人に懐き、野良猫が人を見て逃げるとしましょう。

飼い猫は「人は安全である。エサを与えてくれる」と学習した個体で、

野良猫は「人は自分よりも体が大きい。自分を見るとちっちっと舌を鳴らす威嚇音を発し近づいてくる。やばい。こわい」と学習した個体だと思うんです。

ところで、飼い猫は「正義」で、野良猫は「悪」なのでしょうか。

ぼくにはどちらも与えられた環境に正しく適応した個体に見えるんです。

あなたも、もしも、何か、他の人とうまく行かない、とか、社会的に上手くいかないとか、

そう言う悩みで、他人だけでなく、自分自身を責めてたりしたら、

ただ単に、生きてきた環境下で自分が適応してきた結果であって、

善悪があるわけじゃあないって考え方も、まぁ、おすすめです。

 

あなたは、悪い人じゃあないし、

そして、あなたは、善い人じゃあない。

善い者、不幸な者はいつか報われるとは限らないし、

悪者がおいしい思いをして、不幸な者が不幸なまま終わることだってあるんです。

ただ、どんな環境に適応してきたのか、そしてどんな環境に適応できるのか、それが問われている。

適応できていないのであれば、改めて適応できるよう戦略を柔軟に変えればいいだけです。

まぁ、Who is the predator? はそういう作品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Follow

コメントを残す

*